• ホーム
  • リンクの量と質は検索結果にどう影響を与えるか

リンクの量と質は検索結果にどう影響を与えるか

タブレットを見ている人

検索エンジンがサイトを評価する際に重視する要素として、リンクポピュラリティというものがあります。
これは、ウェブサイトに張られているリンクの量や質によってサイトの価値を判定する方法になります。
ドメインパワーが高いサイトほど、口コミによって多くのサイトからリンクが張られているため、こうしたやり方になるのは当然だと言えるでしょう。

しかし、問題になってくるのはリンクの量よりもむしろ質になります。
高品質なサイトに多くの被リンクが存在するのは当然ですが、低品質なサイトであっても多くのリンクが張られているケースがあります。
例えば自作自演の相互リンクを行っていたり、リンク購入のプログラムに参加している場合などです。

そのため、検索エンジンはサイトに張られているリンクとそのリンク元を分析して、不自然な物があれば評価にはつなげない仕組みになっています。
以前はこうしたスパム行為によってサイトの検索順位を上げる方法が有利だったのですが、現在ではこうした不自然なSEOはあまり効果的ではありません。
自然ではないリンクは即座にスパムだと判定されてしまうからです。

ウェブサイトの将来性を考えた場合には、なるべく不自然な被リンクは排除して、自然なリンクによってドメインパワーを高めて行く必要があります。
検索エンジンの精度は日に日に高まって来ているので、SEO対策としてはユーザーの需要が高い質の良いコンテンツを作るという事が重要です。
その上で、自サイトや自サイトへの被リンクが検索エンジンにスパムだと思われないように対策をする事も必要になって来ます。

なぜなら、検索エンジンの精度がいくら高まったとは言っても、サイトの作り方やリンクの張り方によってはやはりスパムだと判定される可能性が残っているからです。
そのため、SEOはリンクを増やすだけでなく管理するという事がとても重要になって来ます。

自サイトから無関係のサイトからリンクを張られている場合や、リンク元が自作自演を行っているような場合には、自サイトもスパムへの関連性を疑われて検索順位を下げる結果になります。
リンク購入ではなく無料のリンク集に登録しているようなケースでも、不正を行っていると判断されかねないので注意するようにして下さい。

検索エンジンのアルゴリズムは毎年のようにアップデートされていますが、リンクポピュラリティという考え方はインターネットの本質に基づく物なので、将来的にもあまり変化する事はないでしょう。
つまり、サイト運営をする際にはコンテンツの内容とともに被リンクの質も問題になってくると言えます。

関連記事