• ホーム
  • 検索エンジンでペナルティを避けるためにはどうすれば良い?

検索エンジンでペナルティを避けるためにはどうすれば良い?

パソコンを使用する人

SEOを行っていく時に気になるのは、肝心の検索エンジンからペナルティを受ける事です。
多くのユーザーは検索結果を辿ってサイトにやって来ますから、これが機能してくれない事にはサイトの集客効果は高まりません。
ですから、どんな場合がペナルティの対象になるのかをよく理解しておき、SEO対策に役立てるのが大切です。

検索エンジンではそれぞれ独自のガイドラインを設けていて、質の低いサイトは検索結果に表示しないような対策を立てています。
これに違反してしまった場合にはペナルティを受ける事になります。
その結果どうなるかと言えば、クローラーのインデックスから外されてしまったり、極端に低い評価が与えられてほとんど検索結果には表示されなくなります。

検索エンジンのガイドラインに抵触するサイトとしては、違法行為を行っているサイトや、著作権侵害を行っているサイト、差別を助長するようなサイト、スパム行為を行っているサイトなどが挙げられます。
アダルトサイトについてはよく誤解されるのですが、ADSに参加した場合のみ違反の対象になります。
また、自サイトだけでなくこうしたサイトからリンクを張られている場合にも、同様にペナルティを受ける可能性があります。

とくに中古ドメインを使用する場合、過去に運営されていたサイトがペナルティを受けている場合もあります。
手動ペナルティによってインデックスから外されていたり、被リンクによって検索順位を下げられているなどです。
こうしたトラブルを招く可能性がある事は、目視やツールを使ってチェックする必要があります。

例えば、検索エンジンから手動ペナルティを受けていた場合、サーチコンソールの画面で確認する事が出来ます。
ドメインを手に入れたら、まずはサーチコンソールを使ってペナルティがあるかどうかを確認しましょう。
また、被リンクチェックツールを使えば、そのドメインがどんなウェブサイトからリンクを受けていたのかが分かります。

不必要なリンクについては否認ツールを使って一つ一つリンクを解除して行きましょう。
これについては、チェックツールを使って不要なリンクを書きだした後、Googleが用意している「リンクの否認」ツールを使って一気に設定する事が出来ます。

こうした作業を終えたら、サーチコンソールからサイトの再審査リクエストを送りましょう。
再審査が完了して、サイトが健全に運営されていると判断されれば、ペナルティが解除されて検索結果にもウェブサイトが表示されるようになります。

関連記事