• ホーム
  • 検索画面からのクリック率を高めるにはどうすれば良いか

検索画面からのクリック率を高めるにはどうすれば良いか

色々なSNSアプリ

ネットユーザーの行動には流れという物がありますから、インターネットでただ広告を打っただけではビジネスの成果にはつながりません。
興味のない記事はスルーされてしまうからです。
ユーザーは一般的に興味のある話題やテーマを検索エンジンで調べる事になりますから、その時点で目的意識があると考える事が出来ます。

例えばスマホやPCが壊れてしまった時は、修理してくれる場所を検索エンジンで探す事になります。
場合によっては、使いやすい機種やより値段の安い機種に買い替える事もあります。
すなわち、ユーザーは今自分が抱えている問題や悩みを解決してくれる手段を検索エンジンで探している訳です。

効果的にSEO対策を行えば、行動の流れで商品やサービスを購入してもらいやすくなります。
せっかく良質なコンテンツを作成しても、ユーザーのクリック率を高めて自サイトに辿り着いてもらえなければ何にもなりません。
何とかユーザーの気を引いて、自サイトへと誘導する努力が必要となります。

ユーザーは単に特定のキーワードについて調べるだけでなく、それによって発生する付加価値を求めています。
ですから、あるキーワードに関連する別のキーワードが出て来れば、そちらにも興味を持ってくれる事になります。
例えば、PCやスマホについて調べているのであれば、「修理」「高性能」「安い」といったキーワードにもヒットしやすい訳です。

検索エンジンでは、こうした簡潔で分かりやすいキーワードを、タイトルや紹介文に含んでいるサイトを上位表示する傾向があります。
検索結果の画面で表示出来る情報量は限られていますし、ユーザーも短時間で多くの情報を得たいと考えるからです。
そのため、SEOではコンテンツそのものの質を高めるだけでなく、タイトルや紹介文にも気を使ってユーザーの利便性を高める事が大切になってきます。

また、ユーザビリティとともに独自性も重要な要素です。
他とは違う、人目を引くような言葉にユーザーは敏感に反応します。
タイトルや紹介文の文言には、出来るだけオリジナリティのある言葉を使用するようにしましょう。
SEO対策とは、こうした地道な努力の積み重ねだと言って良いのです。

ユーザー側では、問題や悩みが解決されればまたサイトを再訪したいと考えますし、口コミでの評価も広がって上位表示されるようになります。
タイトルや紹介文は簡潔、分かりやすさを心がけ、出来るだけ多くのキーワードを盛り込むようにしましょう。
その上で良質なサイトからの被リンクを集めることや、自サイトの質を高める事も忘れないようにして下さい。

関連記事