• ホーム
  • 構造化マークアップでSEO効果を高めるやり方

構造化マークアップでSEO効果を高めるやり方

検索エンジンの性能は日々更新していますが、Googleが次の取り組みとして推奨しているのがウェブサイトの構造化マークアップです。
この耳慣れない言葉は、要するにサイトの構造を整理して検索エンジンのクローラーが理解しやすくする事になります。

構造化マークアップが行われているウェブサイトでは、検索結果の画面でもサイト内にある写真をサムネイルとして表示出来たり、下層にあるページを一覧表示出来たりするというメリットがあります。
Googleでは、ウェブサイトの構造化マークアップが適切に行われているかどうかをチェックするテストツールも用意しているので、その力の入れようが分かるのではないでしょうか。

サイトの造化マークアップを行うには、JSON-LDという物を使用します。
JSON-LDのJSはJavaScriptの事になりますが、JavaScriptそのものを覚える必要はありません。
簡単に書けば、これはそれぞれのテキストの属性を定義する共通のキーワードの事になります。

例えば、「場所」を意味する言葉には「place」というキーワード、「金額」を意味する言葉には「price」というキーワードを指定して、検索エンジンのクローラーに覚えさせる訳です。
こうしたテキストの属性の定義付けは、JSON-LDを使えばJavaScript内に記述する事が出来るので、HTML自体に変更を加える必要がありません。
ソースの中にこのJSON-LDを組み込む事で、簡単にウェブサイトの構造化マークアップが出来る訳です。

こうしたやり方をすると、先に書いたように検索結果の画面を自分なりにカスタマイズする事が可能になるため、SEO上でかなり有利になって来ます。
Gmailと同期させれば、それぞれのユーザーが個人的に予約しているイベントの情報なども表示する事が可能です。

構造化マークアップのもう一つの方法としては、microdataという物も存在します。
こちらはHTMLのタグの中にitempropという属性を埋め込む物で、使用する際にはHTMLを理解する必要があります。
また、メンテナンスもJSON-LDに比べるとやや手間がかかります。

しかし、GoogleではJSON-LDとmicrodata、どちらを使うやり方も推奨しているので、用途に合わせて使い分けると良いでしょう。
microdataの方もJSON-LDと同様に、Googleのテストツールを使って適切に使用されているかどうかをチェックする事が出来ます。

関連記事