• ホーム
  • 自サイトのアクセス解析をする方法とは?

自サイトのアクセス解析をする方法とは?

サイト運営を行っていく事は、ただウェブサイトを作成するだけでなく、それを継続して管理して行く事だと言えます。
そのため、どんな人がサイトを訪れているのかを確認する事は非常に重要になってきます。
ユーザーの流入動向を知ることで、どのようにサイト改善を行っていけば良いかの方向性も掴む事が出来ます。

訪問者数やそのIPアドレスといった単純な情報であれば、サーバーの提供している情報を参照する事で確認出来ます。
しかし、より細かな情報を取得したいと考えた場合には、アクセス解析用のツールを利用する事が欠かせません。
こうしたツールには、例えばGoogleが提供しているGoogleアナリティクスなどがあります。

Googleアナリティクスというのは、サイトに導入しておく事で、そのサイトを訪れた人の流入傾向を分析してくれるツールになります。
具体的に分かる事としては、訪問者の数やページビュー、どこからアクセスしているのか、年齢や性別などの項目があります。

また、オーガニック検索キーワードという項目を調べる事で、ユーザーの行動をより具体的に把握する事が出来ます。
この機能では、ユーザーがどのようなキーワードを使ってそのサイトに辿り着いたのかが分かります。
つまり、ユーザーが今興味を持っている話題や、自身のSEOが成功しているかどうかをこの機能を使って調べる事が出来る訳です。

ネットビジネスをする際には、ユーザーの需要を常に掴んでおき、それに合わせて戦略を立てて行くという事がもっとも大切です。
Googleアナリティクスを使用すれば、現在関心の高まっているキーワードを調査・分析して、集客に向けたリンク対策などに活かしていく事が可能になります。
すなわち、ユーザーの需要に合わせてSEO対策を行う事で、ビジネスに双方向性が生まれて来ると言う事も出来ます。

オーガニック検索キーワードによって表示されたキーワードは、自サイトへリンクを張る際のアンカーテキストや、metタグに設定するキーワードとして利用する事が出来ます。
また、サイトの紹介文やコンテンツそのものにもそうしたキーワードを適宜埋め込んで行くと良いでしょう。
他にも、年齢や性別、住んでいる地域の情報を活用する事で、アフィリエイト広告を設置する際の商材選びなどもしやすくなります。

Googleアナリティクスは強力なツールで、時間をおかずにアクセスした際には再訪ではなく一回の訪問としてカウントするなど、ユーザーの絶対数を掴むのに適しています。
アクセス解析のツールは他にもありますが、同じGoogleのAdWordsと連携出来る点も魅力です。

関連記事